アルバートサーストンの限定モデル

  • 2009/05/25(月) 19:41:24

アルバートサーストンの限定モデルはこれまでに無い、シリーズになってます。

ブレイシーズ(サスペンダー)のバンド部分にたくさんの写実的な絵が使われていました。これまでキャラクターものの絵があるのは見たことがあるのですが、これはプリントされておりもう少し詳細な所まで描かれています。

ロンドンの風景、日本の芸者、クリムトの絵など珍しいです。
Gustav klimtのブレイシーズはかなりの上級者でないと着こなせない(他の絵もそうでしょうが、、、)気がします。
エルメスの派手なベストと同じようなワードローブと考えられない事もないですが、、、又、イギリスでなら許されるとは思いますが日本では無理そうです。

完璧に体にフィットしたタイトなスーツの下にハズした感じを狙ってつけるとかっこいいかも知れません。こういう遊び心、英国的な気がします。

英国ブランドとコラボレーションモデル

  • 2009/05/22(金) 22:07:44

バラクータでは毎回コラボレーションモデルが発売されてます。

以前、フランクシナトラやスティーブマックイーンモデルのG9が売られてましたし、最近ではコムでギャルソン(ジュンヤワタナベ)デザインのG9が売り出されていました。

あまり、話題にはなっていないのか?結構売り切れにならず残っています。青のチェックのG9と緑のチェックのG9があり結構良いです。テニスに行くときに着たいような服です。


他にもサンスペルのサイトを見ていたら007モデルが発売されてました。ダニエル・クレイグが007で着ていたポロシャツとTシャツのボックスセットで100ポンドぐらいだったと思います。
こういうコラボ、企画モノは数が少ないのでついつい買っておきたくなってしまいます。

ちなみに、サンスペルのサイトは値段が安かった(日本のお店で買うよりも)のでまとめ買いしてしまいました。しかもダース買い以上に買ってしまいました。下着の数が足りないと何かと不便なので、常時在庫にしておきたいというのが理由です。




ドライビングシューズのこだわり

  • 2009/05/21(木) 21:54:02

私、ドライビングシューズをこのところ好んで履いています。
最初にドライビングシューズを買ったのは、海外のリゾート地でした。

スニーカーではレストラン等で入りにくいですし、
ジャケットとスニーカーというのは余りに絵にならない組み合わせなので必要に迫られて買いました。

その時から、ドライビングシューズの履き心地にやられてしまいました。

昔ナイキのエアモックというがありましたが、例えるならそんな履き心地でしょうか? 雑誌に『海外出張で機内でくつろぐにはエアモックが最高!』というのがあったのを覚えてますが、エアモックでなくともドライビングシューズでも全く問題無いと思います。

逆に見た目ではドライビングシューズの方がちゃんと見えますから、
大人のエアモックというところでしょうか?

そんなドライビングシューズですが、私なりに選ぶ時にこだわりがあります。

1、ソールが全面がゴムソールではなく、一部ゴムである事。
その方が、通気性も良いですし、フレキシブルで歩き易いと思ってます。トッズのドライビングのようにドット(突起)のソールも悪くないですが、大きめのゴムブロックが革から出ているデザインが好きです。

2、革がやわらかい事。
硬い革だと、楽できないので普通の革靴との違いが出ません。
最近フェラガモのドライビングシューズを見ましたが、
非常に硬い表革でできていました。フェラガモの通常の革靴よりも硬いくらいでしょうか? もしかしてモカシンなのかも知れません。
それぐらいの硬さでした。

3、カカトが踏めるデザインな事。
これはなかなか難易度が高い注文ですが、たま〜にあります。
グッチのドライビングシューズにありました。


この3つの要件を満たすドライビングシューズは数が少なく、
なかなか見つけるのが困難です。ネットや旅行先、出張先で見かけた時は迷わず買うようにしています。
他の革靴と比べて、デザイン性が高いものが多く、定番として
売られているデザインが少ない為、一度逃すと二度と手に入らない可能性があると感じてます。

ちなみに、トッズのゴンミーニは定番なので、買いやすいですが、
カカトが踏めないデザインの為、残念ながら私にとってはベストではありません。
バリーも同様に条件を満たさないモノが多いのですが、それでも良い製品が多いです。特に最近は若々しいデザインで顧客層も若くなってます。スイス製というのも聞こえが良いです。革質もドライビングシューズには合ってます。先日つい一足、衝動買いしてしまいました。


カカトが踏めると、飛行機で仮に足が浮腫んだとしても、
カカトを踏んでスリッパのようにすれば辛い思いをせずに済みます。、長時間のフライト、海外出張にはドライビングシューズですね。ジャケットスタイルに合わせても、こだわりの無い年配の人には
キチンとした格好と思われる気もします。オフィスでスリッパとして履くのも問題の無い職場もあると思います。

更には、カジュアルなジーンズにも合わせられて現地での行動も広がります。ホテルの中ではスリッパとしても履けますし、文句なしに活躍してくれます。




サンスペル(Sunspel)の下着

  • 2009/05/12(火) 22:31:14

サンスペルの下着(Tシャツ)を買いました。メッシュのものです。
以前から英国の下着という事で、お店で見かけた時にはチェックはしていたのですが、手は出していませんでした。意外と値段も高かったりしたので。

今回は、なぜ買ってみようかという気になったかと言います、私が店に居る時にサンスペルの下着を買いにだけ来たお客が居たからです。
それだけを買いに来るぐらい良いのか?と思い試して見る気になりました。


値段はネット(楽天)で見ても一着6000円ぐらいしますね。
下着にしては高いです。(特に無印、ユニクロ、グンゼと比較すると)

感想ですが、意外と気に入りました。
メッシュなものは他にはないですし、雰囲気があります。
結構肌が透けるのも、逆に良いのかも知れません。

英国の下着や靴下は、なんとなく織り込みが粗い(目が粗い)ような
印象受けます。乾燥している為吸湿性が求められないからでしょうか?これから暑くなるにつれて、このTシャツは汗を吸収しないのではないか?という不安を感じてます。


とはいうものの、雰囲気が気に入った為ダースとは言いませんが、
5,6枚まとめ買いしても良いかと思ってます。