正しいペンの使い方

  • 2008/07/17(木) 20:14:11

万年筆で字を書いているうちに、万年筆の使い方や持ち方にも興味が出て色々と調べました。

万年筆は元々は西洋から来ているだろうという事で、最初から英語でネット検索してみました。

やはり、英語のサイトは日本語のサイトと比べて内容や画像が充実して無いです。(日本が異常に親切なのか?)
とはいうものの、色々と情報を収集できました。

下のサイトでペンの使い方、と言うより正しい字の書き方が紹介されております。
ペンの使い方(リンク先は全て英文です。

私が面白いと思ったのは以下2点でした。
*ペンを指先で動かしてはならない。だから疲れる!
ペンは肩の筋肉を利用して動かし、指はそのガイドとなるだけ。

*1955年から1960年以降に筆記を学んだ人は指先で字を書いている。


確かに私、指で書いてしまってます。だから疲れるし字が汚いようです。指先だけだと安定しませんからね。実はこれまでペン字の通信教育等も試した事があるのですが、上達しませんでした。字のキレイに見えるバランスを学ぶ前に、ペンの使い方が根本的に間違っていたのでは無いかと今猛省しています。これからは肩の筋肉を利用して字を書くようにしたいと思います。

もう一つ面白いと思った下の方の部分、1955-1960年以降は指先というところです。何故か?この時期にボールペンの技術が飛躍的に向上し、万年筆からボールペンに多くの人がシフトしたからです。
ボールペンになって、字の書き方が上手くない人でも字がかけるようになったからか、字を書く行為に対する敬意が減ってしまったからか分かりませんが面白いところです。

そういえば日本でも習字教室に通うと字がうまくなると言われています。
これも習字教室で肩を使って字を書くクセが付くからなんだと思います。(習字の時に顔を紙に近づけて、指先で書くような人はいませんね。大体、肘は宙に浮いてます)


結論としては、万年筆や毛筆のように毛細管現象を利用した
文房具の方を使った方が肩を利用して字を書けるようになり、字がキレイになるという事です。

今ある文字は長い時間をかけて、毛細管現象を利用した筆記用具で書かれる中で進化して来たので、伝統的な筆記用具を使った方が上手く書けるのでしょう。




万年筆

  • 2008/07/17(木) 19:32:57

万年筆。最近流行しているのでしょうか?

随分前に購入した万年筆を最近、急に思いついて使い始めました。


以前は仕事に余裕がなかったという事もあって、ボールペンで書きなぐるような生活を送っていたのですが、最近は腰を落ち着けて万年筆を使う余裕も出て来ました。


万年筆の良い所は、毛細管現象を利用しているので筆圧をかけなくて良い所でしょう。
ボールペンと比べて長時間書いたとしても疲れません。
ただし、現段階では慣れていないこともありボールペンのようにキレイに書くことができません。


小説家が主人公の昔の映画で、主人公がキレイな筆記体でサラサラと書いているのを見てイイナと思ってしまいました。
やはり、万年筆はアルファベットの筆記体(Cursive)を書くのに適した文具な気がします。

日本語は文字の作りが離れてますので、万年筆の良さが存分に発揮できない気がします。日本語の筆記体は基本的に縦書きになるでしょうし。それに大して英語だと、筆をほとんど紙から離すことなく連続して書き続ける事ができます。すばらしいです。

万年筆を持つと、英語でメモを取りたくなりますし、英語を書く分量が増えました。このまま欧米人化しそうな勢いです。


ちなみに、私が好きな万年筆のブランドはイタリアのものです。

AURORA(アウロラ)やDELTA(デルタ)のものが好きです。
理由はデザインが優れているからです。書き味が分かるレベルには
達していない事から、持っていてお洒落なものを選んでしまいます。
まず最初は”形から入る”という感じでしょうか?
日本のメーカーには無いセンスのデザインが気に入ってます。


夏の買い物

  • 2008/07/04(金) 09:10:40

最近、全然更新できてません。
というのも、日本の夏を前にして特に買い物の意欲が湧かない為です。
2008年、夏のボーナスが出ると言うのに、夏物では買いたいものがありません。こうなると、冬のコートを今からオーダーしておくのが良い気がして来ました。

コートは特に寒くなってから作ろうとしても間に合いません。
このように考えていると、有名な『アリとキリギリス』の話を思い出してしまいます。夏物バーゲンでお金を使い、冬にコートがない、という事が無いように準備しようかと、、、

問題はコートはフルオーダーすると値段がとても高い事でしょうか。
ポロコートが前々から欲しいと思ってましたが、値段は大体ビスポークスーツの2倍ぐらいですかね。

素人の考えですが、コートはそこまで手間が掛からないような気もするのですが、なんでこんなに高いんでしょうか?
スーツと比べて、フィッティングもシビアでは無いでしょうし
あまり納得できないところではあります。