英国ファッションリーダー ウインザー公

  • 2006/11/30(木) 23:53:26

Duke of windsor ウインザー公又の名をエドワード8世は元々英国で王様だった人。
好きになった人と結婚する為に王位を現在のエリザベス女王の父に譲ったという。歴史的にも非常に重要な人物であります。


彼はグレーのフランネルのスーツにスウェードの靴を合わせる等、
当時としては斬新な着こなしをして皆を驚かせていたそうです。
今ではセンスの良い着こなしとしてグレー+スウェードは定番となってますね。

その彼の死後、遺品のコレクションがサザビーのオークションに
かけられました。
これはその時の商品の紹介パンフレット、パンフレットだけでも
700ドルぐらいしたそうです。






彼のファンでもある自分は、e−bayで落札してみました。
やはり王室というのは別世界ですね。
奥さんがパグが好きで同時に4匹も飼っていたのが
面白かったです。ニッカボッカを履いてハンティングする
所も英国らしいと思いました。

彼はたくさん コレスポンダントシューズ(コンビシューズ)を所有していたようです。彼がそうした靴を履いている写真を何枚も見ました。これに影響されて自分もコンビ(白・茶)が好きになりました。