TUMIの茶色の鞄

  • 2009/04/07(火) 20:41:42

結構前ですが、海外にてTUMIの茶色(ブラウン)の鞄を購入しました。前から欲しいと思っていたので、見つけたときにはすぐに購入に踏み切りました。
円高の恩恵を受け、価格は3万円以下でした。
(ブリーフケースのミディアムサイズです。)


黒いトゥミと比べると目新しさがあります。
年上の方から反応があるのが意外でした。

革の鞄と比べて、重厚感がなく雰囲気は出ませんが、
重たいパソコンを含めて気兼ねなく詰め込めるので便利です。
出張等にはこの鞄でしょうか。フェリージやオロビアンコのような
軽量ナイロンではパソコンを入れるのは気が引けてしまいます。
吉田かばんのポーターのようにフニャフニャしておらず
形が崩れない所も良く見えるポイントだと思います。

使ってみて、世界中で支持されている理由が分かりました。
小物の収納など機能性が高いです。

シザーバッグ

  • 2008/10/19(日) 09:36:08

結局シザーバッグを購入しました。
ヒップバッグで考えていたのですが、よく考えると
そんなに容量がある必要はないかと。

携帯、財布、デジカメ、カギ、メモ、ボールペン、ポストイット
で十分なのでシザーバッグで十分だと思いました。

個人的な感想ですが、シザーバッグはヒップバッグより容量が少ない事と収納が縦でスリムな為、カジュアル度が低い気がします。


当然本当にラフな格好にしか使えませんが、軽くコットンのジャケットを羽織ってもヒップバッグと違いジャケットが膨れたりしません。






ちょっとした誤算は、革が予想よりも厚くしっかりしたものだった事でしょうか。
ソフトでは無く、かなりハードなサロン系という印象です。
若い頃はこういうのが良かったのですが、、、。

とりあえず、ポケットにモノを入れなくて済むようになったので
個人的には◎です。


バッグのブランド、ピエロトゥッチ(pierotucci)

  • 2008/08/01(金) 22:15:27

最近見つけたバッグのブランド、ピエロトゥッチ。
イタリアらしい柔らかい革を使ったデザインのものが多いです。
キャンバスとのコンビのボストンはプライベートでゴージャスに使えそう。

http://www.pierotucci.com/jp/bags/travel_backpacks/all

私、ブランドにこだわりが無い方なので、
エルメスのケリーに似たデザインとか抵抗ないです。
女性には、変にブランドにこだわって高いお金を使うより
リーズナブルな価格で質の良いバッグを使って欲しいと思ってます。


実は、自分が忘れた頃に買いたくなるかも知れないので、備忘の為に
書いて置きました。

万双をたずねて上野へ

  • 2008/03/16(日) 19:12:28

万双がダレスバッグ等で有名だったので、一度お店で実物を見たいと
思い、上野まで足を運びました。お店は上野の商店街と同じで
小さかったですが、商品はとてもキレイに陳列されておりました。

革の質がとても良く、とくにブッテロの製品がとても気に入りました。分厚いのに、柔らかい!
今度買いたいと思います。






御徒町から線路沿いのメインストリートを上野方向に歩いて行き、
写真のマグロ丼の店が左手に見えたら、右に入って行くとありました。




グローブトロッターのサファリ

  • 2008/02/17(日) 17:05:02

グローブトロッターのサファリ、最大サイズ33インチのエクストラディープ スーツケースを購入しました。
結局楽天の通販が一番安かったので、そこにしました。13万ぐらい。(注:現在完売状態)ここは安かったですね、本当に。なんででしょう。
売り切れる前に買っといて本当に良かった。
限定で無いバージョンなら33インチで88000円でした。

(ちなみに伊勢丹新宿店に日焼けしたこのサファリが置いてありますので
実物はそこで見れます。)


色々迷ったのですが、ジーンズの様に味が出ると言う事なので、
もし壊れても直すつもりで買いました。

ただ、、、これだけサイズが大きくなったにも関わらず
バルカンファイバーの厚みは変わらず。(とうぜんですが、)

やはりサイズが大きくなると荷物の量と供に、加重も増えますし、
サイズに伴ってカバンの中心にかかる加重もテコの原理によって増えているように思います。

このサイズだと象が踏んだら壊れる気がします。
小さい方が強度が確実にあるでしょう。

という事で、実際に使うには不安!
大きいグローブトロッターは壊れる可能性がある気がして未だ使えてません。やはり実用にはリモアの方が良かったのか?と思う時もあります。次回、ゆっくりと旅が出来る時にこのサファリは試したいと思います。南の島で長期休暇の際や、海外で長期に仕事がある時に使おうかと思います。(今年中に使えるかは分かりませんね。)

ヨーロッパ旅行ではこれまでは飛行機か電車が中心でしたが、
次回はレンタカーの後部座席やブートにこのトロッターをドカッツと積み込んで車の旅をしたいと思います。
以前イタリアでFIATに乗り、長期旅行しましたが、すごく良かったのでもう一度イタリアに行くのも良いかも知れません。トランクが目立つので治安が悪い地域は避けないといけないですが、、、。



只、家に置いている時にはインテリア家具のような趣きがあり◎です。
日本は家が狭いので、大きなスーツケースを目のつかない
倉庫に置いておく事が難しい事もあるのでそういう意味では
このグローブトロッターは良かったのかも知れません。

中身に仕切りは全く無いです。洋服とかを沢山入れるのには
良さそうです。



取っては伸びたりするタイプではありませんが、
サイズが大きいので伸ばす必要無いです。
やはりクラシックなスタイルにはアルミのスーツケースよりは
合う気がします。(ファッション的には)



結論として、機能としてはやはり劣る部分がありますが、
ファッションやインテリアとしてはなかなかのものです。
1分を争うビジネスではどうかと思いますが、ゆっくりと時間が取れる旅行では良さそうです。そんな時間を過ごせるようになりたいという願いもあって、このグローブトロッターを買ったのかも知れません。