Matthew Farnes

  • 2010/08/29(日) 23:31:26


英国でも若いテイラーはブログサイトを作成してます。
こういう流れはどこも同じですね。

老舗のセビルローの店とは少し違いますね。

Matthew Farnesというテイラーも郊外に店を構えているようです。
ブログの内容も、詳しく書かれているので、英語が苦で無い人にはお勧めです。

http://thesavilerowartisan.com/


これまでどんどんと良い腕のテーラーが減っていくとか、良い生地が無くなるとか色々と聞いて来ましたが、あまり悲観的にならなくても良いのではないかと感じます。常に時代にマッチした新しいテイラーが出て来て、楽しませてくれるのではと、しかもリーズナブルな価格で。

急がず、今必要な物を買うというのが一番賢いお金の使い方だと思います。こういう事は服飾業界の人やビジネスに関わる人は言いたくない言葉でしょうけど。

コードレーンとシアサッカー

  • 2009/06/21(日) 21:18:14

恥ずかしながら最近までコードレーンとシアサッカーの違いを知りませんでした。

コードレーンもシアサッカーもストライプで夏に着るので
同じものだとばかり思っていました。

どうもこれまで、この認識違いによりミスコミュニケーションをして来た気がします。シアサッカーの生地はより凸凹が激しくよりカジュアルで涼しく過ごせる生地のようです。一方でコードレーンは平面な生地です。

雑誌などに紹介されている写真では生地の凸凹までが認識できなかったのが原因だと考えてます。

夏に着るならシアサッカーだと私は思います。
涼しい事と、シアサッカーという生地のネームバリューからです。
ストライプのジャケットが紹介される時は大抵シアサッカーと決まっています。これがコードレーンだとちょっと違和感を持つ人も出るのではないかと思います。

最近のクールビズの影響で、シアサッカーのスーツを着る事への障壁が低くなって来たので、私も一着新調しようかとも考えてます。

スリーピースで作るのも面白いかも知れません。





ツィードのジャケットを軒下に No2

  • 2008/12/02(火) 20:29:57

今年の夏に要らないツィードジャケットを
軒下に2ヶ月ほど放置しました。

白州次郎氏の言葉に影響を受け、実験したくなった為です。
結果は、、、写真では違いが良く分からないですが、
明らかに色が落ちました。


実験前




実験後




元々、色がはっきりした赤のツィードはなかなか着づらかったので
外に干すことで色が抜けるのでは?と思っていたのですが、
予想通り、色は落ちました。かすんだオレンジ色になりました。
(10年寝かせた赤ワインの色みたいな感じでしょうか?)

又、赤以外の色の糸が目立つようになり、生地に深みが増したような
気がします。ドネガルツィードような(もともとドネガルでしたが)
風合いが増しました。



その他の変化としては、表面が毛羽立った感じになりました。
毛が温度変化や太陽光線によりカールしたのでしょう。
より保温効果が高い気もしますし、
風合いもフランネルではないですが、味わいが増した気がします。


最近部屋着として着用していたのですが、
やはりツィードというのはいいなと思いました。
ジーンズに近いものがあると思います。
体に馴染むといういうんでしょうか。肘の部分が出たりして
体の形にフィットして行くのが良く分かります。
脱いだ時に自分の形に、立体的に変形していますし。

近頃の若いデザイナーが作る立体裁断の服が好きな人や
ジーンズ好きな人はツィードは良いと思います。


個人的にはツィードは体に馴染む素材なので、
大きめよりは小さめのフィッティングが良い気がします。

以前ツィードのジャケットをオーダーした際には
下にセーターを着れないとロンドンでは寒いだろうから
というお世話を焼かれてしまい、ゆったり目のジャケットに
なった事がありました。後悔してます。フィットしません。


それにしても、このジャケット、色が落ちても尚
コーディネートが難しいです。

買った時にはルパン三世、もしくはシャアアズナブルの
赤を意識しました。
ツィードなら赤でもそんなに派手じゃないのではと思ったのですが、、、

イギリスでハンティングする際には、誤って仲間から打たれないように派手なツィードのジャケットを着ると聞いた事もありましたし、、、


相談ですが、下は何を合わせたら良いものでしょうか?

ブレザーの着こなしでやってはいけない事

  • 2008/10/19(日) 20:54:40

先週ファッション関係の洋書を見ていた所、
興味深い事が書いてあったので紹介したいと思います。

ブレザーというのは自由度が非常に高いものですが、
やってはいけないコーディネートが一つ。
それは”同じようなネイビー(紺)のボトムと合わせる事”です。

確かに、下がネイビーのウールパンツだとパッとしませんし、
微妙な色合いの違いが違和感を与えますね。

これは納得しました。
そんな格好をした事はありませんが、あらためて言われるとなるほど〜という感じです。

そこから考えた事は、ジーンズにブレザーと言うのはよくあるコーディネートですが、実は色が濃いジーンズに合わせるのは良くないのでは?という事です。

濃い色のジーンズですとブレザーと、色の違いが余りないですから
同じ色のウールパンツを履いている状態に近いのかなと。

そう考えると、色合わせ的には色落ちしたジーンズと合わせるのが
正解という事になりそうです。

濃いジーンズと合わせる場合には、黒のジャケットが良いのでしょうね。アニエスbで黒いジャケットと色の濃いジーンズが売っていた理由が良く分かりました。


要するに、
濃紺のジャケットなら、薄い色、もしくは色が大きく異なるものを
ボトムスに持ってくるべきだと思います。

ファッション業界では、意外とジャケットに近い色をボトムスに
持って来て、良いコーディネートと賞賛されているような節もありますが、一般的には違和感があるようです。
(ユナイテッドアローズのある人がそうしたコーディネートを好んでしているようですが、そう言われて見てみると非常に違和感がありました。)


参考になればと思います。


ツィードのジャケットを軒下に

  • 2008/10/19(日) 11:01:25

以前、白州次郎氏の本を読んだ時に
ツィードのジャケットは軒下に一ヶ月ぐらい雨ざらしにしてから着るものだ、という発言があったように思います。

という事で、今年の夏中ツィードのジャケットを軒下に雨ざらしに
してみました。

お気に入りのツィードのジャケットではとても出来ないので
もう着ない&着れないツィードのジャケットでの実験でした。
もしかしたら、風合いや色が変わって着れるようになるかも?という期待もありました。

(用事があるので、又後で、画像をUpして書く事にします。)