カジュアルに使えるバッグを探してます。

  • 2008/08/25(月) 12:01:46

最近カジュアルに使えるバッグを探してます。

仕事の時には、通勤用のカッチリとしたダレスやアタッシュ、トローリー、ナイロンブリーフ等が使えます。

が、プライベートではカッチリしすぎて使えません。
今の所、手ぶらor大きなボストンバッグというような二択を強いられる状況が続いてます。

大きなバッグは一杯モノが入るメリットがあるのですが、一方で
暑い、重い、洋服と擦れる、見た目がエレガントで無い、というデメリットがあります。

となると、自然と手ぶらで出かけてしまい、必要なモノが手元に無いという事が起こってしまいます。鍵、携帯、小銭、i-pod,メモ、ペン、ハンカチぐらいなんですが、手ぶらだとそれさえも持ち運ぶのが難しいです。

仕事で使うようなブリーフケースはナイロンであっても、フェリージであっても余り見た目が良くないと以前他のブログで女性が批判されていたのを見た事がありますし、実際自分でも休日に持つ事に違和感を感じてます。


という事で今探しているのが、ヒップバッグです。
美容師さんがハサミを入れるような、大工さんが工具をしまっているようなベルトから下げるようなものが自分の要求を満たすものではないかと思ってます。

楽天を検索したところ3800件程のエントリーが
これだけあるのは嬉しいのですが、見ていくのに結構時間が掛かりそうですね。

きっちりとした感じを出すにはブランド物でしょうか?
ヴィトン、グッチ、コーチ辺りが結構ヒップバッグのデザインを出してます。

吉田カバンのポーターでも結構出てますが、ナイロン素材のものが多く、自分にイメージに合いません。
自然素材の革やキャンバスで出来たものが全体としての調和を考えると良いと思います。







葉巻(シガー)

  • 2008/08/14(木) 20:09:07

ジェントルマンの必需品で未だ手を出せていないのが
シガー(葉巻)です。

ウィンストンチャーチルや吉田茂等、昔の人は随分と好んで吸われていたようです。

日本でも大分分煙が進んで来ましたが、先進国ではもっと徹底されており、喫煙を非喫煙者がいる所でする事は難しくなってます。
日本は人権意識が低く、かつ権利を主張するのが難しい国ですので
まだまだ分煙が進むには時間が掛かるようです。

私はタバコは吸いませんが、シガーには興味を持っていました。
以前、ジェントリーと言う雑誌でも葉巻が毎号紹介されておりその頃からも興味はありました。


タバコと比べて灰まで煙を吸いこまないので、タバコと比べて健康に悪くないというのも魅力ですし。
吸う場面も道端でくわえタバコというのではなく、特別なオケージョンでゆったりとお酒と共に”燻らせる”というのに惹かれます。ゴージャスです。


国外の友人からは、子供が生まれた時にシガーを吸い始めたら良いよ。と言われました。どうも子供が生まれた時に父親がシガーを吸う習慣があるようです。子供が生まれたのを誇る為と、その人は教えてくれました。

実際にはアメリカの先住民(インディアン)の習慣で、子供が生まれたり結婚したり、嬉しいイベントの際に吸うようです。


そして、この習慣が西洋社会に広まって行ったようです。


子供が生まれた日に吸ったシガーの味はきっと一生忘れられないものになるんでしょうね。
こういう海外の文化も含めて私は体験して行きたいと思っています。

夏の買い物

  • 2008/07/04(金) 09:10:40

最近、全然更新できてません。
というのも、日本の夏を前にして特に買い物の意欲が湧かない為です。
2008年、夏のボーナスが出ると言うのに、夏物では買いたいものがありません。こうなると、冬のコートを今からオーダーしておくのが良い気がして来ました。

コートは特に寒くなってから作ろうとしても間に合いません。
このように考えていると、有名な『アリとキリギリス』の話を思い出してしまいます。夏物バーゲンでお金を使い、冬にコートがない、という事が無いように準備しようかと、、、

問題はコートはフルオーダーすると値段がとても高い事でしょうか。
ポロコートが前々から欲しいと思ってましたが、値段は大体ビスポークスーツの2倍ぐらいですかね。

素人の考えですが、コートはそこまで手間が掛からないような気もするのですが、なんでこんなに高いんでしょうか?
スーツと比べて、フィッティングもシビアでは無いでしょうし
あまり納得できないところではあります。


乗馬 始めました

  • 2008/05/03(土) 21:28:33

乗馬を始めました。下の馬にお世話になったのですが、
とても楽しいひと時でした。






bit(ローファーについている金具)を口にくわえているのが
見えるでしょうか?このbitと手綱が発明された事で人間は馬を
自在に操れるようになったそうです。
このおかげで遊牧民族はその機動力を活かして支配力を強めたとか。
モンゴル帝国も馬無しでは成立しなかったでしょう。

と感慨に浸っていると、、いきなり落馬しそうに!
急停止して草を食べ始めてました。
ここで舐められてはいけないと思い、手綱を引き締める事に
なんとかいう事を聞かせる事ができました。


手綱がビット(グッチで有名な)に繋がっていて
これを引っ張ると馬が嫌がってスピードを緩めたりします。
右側を引っ張ると右に顔が向き(多分痛いから?)右に曲がれます。


世界のブランドで馬具から発祥した所が多い事からも分かるように、
馬はファッションとの結びつきが強いようです。(エルメスとかグッチとか)

そういえばズボン自体が馬に乗るために出来たものですし、
ジャケットのベントも馬の為だった気がします。

こうして馬を見ていると、クラシックの塊のような動物に思えて来ました。
味の出たサドルなんか、靴好きな人にはたまらない風合いが出てます。

乗馬のスタイルにはアメリカカウボーイのようなウエスタンスタイルとドレスアップして乗るブリティッシュスタイルがあります。
私はブリティッシュスタイルで行きたいと思います。

乗馬グッズは とてもクラシックなものが多いです。
今まで知らなかったですが、値段も結構こなれたものが
多くて良いです。

Toni and Guy でHair Cut

  • 2008/04/20(日) 21:24:43

この週末は(トニーアンドガイ)Toni and Guyに行って来ました。
散髪です。

http://www.toniguy.co.jp/customer/whatsnew.html

やっぱり髪型が決まらないと気合が入らないので、
定期的に美容院に行くのは重要だと思います。

トニーアンドガイは世界各地に支店があるので、
なんか名前を覚えていて、足が向いてしまいます。
なんと世界400店舗とか。
海外のお店もスタイリッシュでセンスがありました。
(技術やサービスは日本が世界一だと思いますけど。)

世界中で同じサービスが受けられるというのがブランドの
良い所だと思います。
エルメスやヴィトンなら世界中で修理ができるように、
Toni and Guyは世界中で髪が切れるような美容院という感じなんでしょうか。






普段はコンビニの一番安い整髪料でも一向に構わない私ですが、
今回ついつい、サロンの整髪料(トニーアンドガイ)を購入してしまいました。

リップスティックの髪バージョンのような形についつい
興味が出てしまいました。これ、リップと同じで、後ろの方を
クルクルとまわすとヘアワックスが出てくるというもの。

そのままダイレクトに髪につけます。手が汚れにくいのが
利点とか。確かにワックスが手にべったりと付きません!

手がワックスで汚れていると、洋服やカバンについてしまう
可能性もあるので、これは良いです。

香りに酔いやすい私ですが、この香りは美容室の良い香りが
かすかにする程度なのでOKでした。

値段は忘れましたが3000円ぐらいだったでしょうか?