よく履く靴

  • 2010/10/03(日) 23:08:05

エドワードグリーン、ジョンロブ、クロケットジョーンズの3つ全ての靴を保有してますが、よく考えて見ると結局クロケットを一番履いている気がします。 

特にクロケットのハンドグレードのものは革質も良いですし、デザインも現代的なので合わせやすいのかも知れません。

逆に言うと、グリーンなどは値段が高いのでデザインと色はベーシックなものを選んでしまうのも影響しているのかも知れません。

夏などはカジュアルな服が多くなるので、どうしてもベーシックな靴よりもちょっと遊びがある靴、値段が安くて冒険しやすいクロケットジョーンズの靴を選んでしまいます。
最近履きすぎて痛んで来たので、追加で購入予定です。

Matthew Farnes

  • 2010/08/29(日) 23:31:26


英国でも若いテイラーはブログサイトを作成してます。
こういう流れはどこも同じですね。

老舗のセビルローの店とは少し違いますね。

Matthew Farnesというテイラーも郊外に店を構えているようです。
ブログの内容も、詳しく書かれているので、英語が苦で無い人にはお勧めです。

http://thesavilerowartisan.com/


これまでどんどんと良い腕のテーラーが減っていくとか、良い生地が無くなるとか色々と聞いて来ましたが、あまり悲観的にならなくても良いのではないかと感じます。常に時代にマッチした新しいテイラーが出て来て、楽しませてくれるのではと、しかもリーズナブルな価格で。

急がず、今必要な物を買うというのが一番賢いお金の使い方だと思います。こういう事は服飾業界の人やビジネスに関わる人は言いたくない言葉でしょうけど。

腕時計 レベルソ

  • 2010/06/26(土) 23:48:21

新しい時計買いました。ジャガールクルソ レベルソです。

10年後の自分が着けていたい、という基準で選びました。
手巻き、スクエア、時計の部分が反転できるのがポイントです。
カフスの下に収まるサイズである事、これまでと違って少し遊びがある事も重要な要素でした。


ちなみに、他に悩んだ候補はたくさんありました。
まずはオーデマピゲ、ロイヤルオークの白文字盤。これは未だに気になります。白文字盤が上品ですし、スポーティーです。ただ、若々しいイメージと値段が高い事もあり見送りました。(今考えると価格はレベルソとそんなに変わりませんね。)

もう一つロイヤルオークを買わなかった理由は、カルティエサントスのデザインが同じくビスをモチーフにしており似ている為です。
サントスは中古なら10万−20万で楽天等で買えるので、どうしてもロイヤルオークを割高に感じてしまいました。

カルティエは玉数が出ているので、中古の供給力が安定しており値段が手ごろです。広告もしっかりして、ブランド価値が下がっていないのに時計に関しては人気が下がっているので狙い目でしょうか?
特にパシャの値段はかなり下がっている気がします。中古なら10万台で入手可能です。

私は個人的にパシャにグリッドを装備したアウトドアモデルに惹かれました。カルティの華麗なイメージの時計を、アウトドアで使うのはカッコいいと思います。(ブログの悪い所は書いているうちに、自分が欲しくなる所ですね。)サイズが大きく、シャツの収まりが悪い為仕事には使えず、週末にポロシャツを着る時ぐらいしか登板機会が無い事が明らかなので今回は買いませんでした。


ARTESANIA アルテサニアのメキシカンウェア

  • 2010/03/16(火) 23:09:37

ここ最近、休日もシャツ、ジャケット、ウールパンツというきちんとした格好でしたが、休日ぐらいはもっとリラックスしても良いのではないかと感じるようになって来ました。

Tシャツには抵抗がありますが、シンプルなモード系の服も着てみたいなと。マルタンマルジェラの服は見たことはたくさんあるのですが、実際に着た事がないので、物は試しに上下で全身着てみるのもいい経験になるのではと考えています。

そう思いついて楽天を検索していたところ、おもしろいブランドを見つけました。ARTESANIA アルテサニアという非常に派手なメキシコのインディオが着ていそうな服です。カジュアルならこれくらいリラックスして着るのも楽しいのではないか?これまでの反動か、随分と変わったものに目が行ってしまいます。

茶色のパンツ

  • 2010/03/10(水) 21:57:51

最近気がついたのですが、オークションには茶色のパンツ(トラウザーズ)が以外と多く出品されているようです。
しかも値段が他の定番色である黒やグレーと比べて安めです。

私が考察するに、茶色のパンツはなかなか合わせにくいのだと思います。英国カントリー調のスタイルには定番ですし、昔の雑誌には茶色のスーツも良く見ますが、実は難しいのだと思います。その為、タンスの整理の対象になり易いのだと思います。

紺のジャケットを考えた時は相性ではグレーに負け、
グレーや黒のジャケットとの相性は悪く、
緑やベージュのジャケットとは合うものの、この色のジャケットを持っている人は少ない、、、という状態ではないでしょうか?

私もインコテックスの茶色を持ってますが、正直履く機会がほとんどありません。履いても別におかしくは無いのですが、他の色と比べて見栄えが劣るので無理して履く意味を見出せない状況です。

とは言うものの、冬になると何年かに一度挑戦したくなるアイテムです。難しいとは分かってはいるのですが、だからこそ気になってしまいます。